黒にんにくの効果

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

黒にんにくの効果

黒にんにくは非常に様々な効果を持っています。多くは通常のにんにくと共通するものですが、黒にんにくだけの効果も中には存在します。また、同じ効果であっても通常のにんにくよりも効果が高いという特徴もあります。通常のにんにくの臭いの原因とされる「アリシン」はにんにくを加熱したり、傷つけたりすることによって生まれます。このアリシンは成熟させることによって消失し、別の成分に変化します。その変化後の成分が「S-アリルシステイン」と呼ばれる成分です。この成分は非常に高い抗酸化作用をもっており具体的には動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など生活習慣病に対して非常に高い効果を持っています。しかもその効果は通常にんにくの持つアリシンの約3倍。そのために、黒にんにくは通常のにんにくよりも効果が高いといわれているのです。また、S-アリルシステインと同じく抗酸化作用を持っている「ポリフェノール」もにんにくに多く含まれています。代表的なものでは赤ワインや生姜などに含まれる健康成分です。この含有量も通常のにんにくと黒にんにくを比較した場合、黒にんにくの方が約5倍多く含まれていることがわかっています。S-アリルシステインとポリフェノールの効果から黒にんにくは非常に高い抗酸化効果を持っており、生活習慣病に対して非常に効果のある食品といえます。また、抗酸化効果がもたらすものはそれだけではありません。身体の老化を防ぐ、その効果は同時に美容効果ももたらします。肌のツヤや張りをもたらし、高いデットクス効果は身体の内側からの美容を促進します。また含まれる脂肪燃焼系アミノ酸は余分な身体の脂肪を燃やし、太りにくく健康的な身体作りを促進します。
次は、黒にんにくの栄養価を説明していきたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!