「にんにく」の豆知識

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

「にんにく」の豆知識

健康食品として最近ではサプリメントとしても人気の高いにんにく。我々の食生活の中に深く入り込んだ食材です。付け合せもよし、調味料としてもよし、酒の肴にもぴったりなにんにくはとても身近な食材です。しかし、あまりにも身近ゆえにその高い健康効果など知られていないことはたくさんあります。「何となく健康に良さそう」、「スタミナがつきそう」などなど中にはイメージが先行して、事実は異なることが広まっているものもあります。ここではにんにくの基本的な効果や効能からにんにくの栽培方法まで幅広く説明をしていきたいと思います。読み終わる頃にはにんにく博士になっていることは間違いありません。まずはにんにくの簡単な歴史についてです。にんにくは初めてどの地域で栽培されたかについては諸説ありますが中央アジアのキルギスという場所が現在有力となっています。歴史資料としては紀元前3750年ごろ、建設されたピラミッドの中からにんにくをかたどった粘土が発見されています。ピラミッド建設の労働者ににんにくが振舞われており、当時からにんにくは高い健康効果があることは知られていたようです。日本国内に入ってきたのは中国などを経由して約2000年前に入ってきたと考えられます。「古事記」や「日本書紀」には「大蒜(おおびる)」の名称で記述されています。当時は食材というよりも滋養強壮を高める薬として用いられていたようです。薬としての側面が強かったことやスタミナが付きすぎて煩悩が出てくるなどの理由から民間に広まったのは明治以降と言われています。ただし、九州地方でにんにく卵黄や黒にんにくが作られていたことから地域によっては使用されていました。そして、現在は食材として健康食品として幅広く利用されています。
次は、にんにくの持っている効果について説明をしていきたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!