国産と中国産にんにくを徹底比較

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

国産と中国産にんにくを徹底比較

スーパーに行けばわかると思いますが、にんにくは大きく国内産と中国産のものに分かれています。中国はにんにく生産大国であり、世界で生産されている約80%のにんにくが中国産です。スーパーで販売されているのも納得ですよね。国内でも幅広く栽培されているにんにくですが、青森が生産量の一番多い県です。ご存知だったでしょうか。国産と中国産の比較ですが下記のようになります。品質や栄養価では圧倒的に国内産の方が優れています。国内産のにんにくは品種改良が進んでおり、粒が大きく栄養価が高いのが特徴です。中国産のにんにくは小粒のものが多く、国内産のものと比較をすると栄養価も低いです。しかし価格面では圧倒的に中国産のものの方が安いです。それは人件費や開発費などを抑えているために実現が可能な価格であり、日本産のものは中国産ほど安くすることは出来ません。栄養価や品質の観点からは国内産のものが優れており安心して使用ができます。あくまで価格重視ということでなければ中国産よりも国内産を選んだ方が無難といえます。また生産されるにんにくには種類があり、日本国内では青森の生産が高いことから寒地に適したにんにくが支流です。「福地早生(ふくちわせ)」と呼ばれるもので、全体的に白く「ホワイト種」とも呼ばれています。九州や中国など暖かい場所では「壱州早生」、「上海早生」、「遠州極早生」という3種がメジャーなものとして生産されています。小粒で淡い褐色であることが特徴的です。

  
国産と中国産にんにく比較
国産 中国産
価格 1玉100円程度 3玉100円程度
粒の大きさ 大きく質が良い 小粒が多く質が悪い
栄養価 中国産よりも高い 日本産よりも低い
メジャーな品種 福地早生 壱州早生、上海早生、遠州極早生

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!