黒にんにくの作り方

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

黒にんにくの作り方

黒にんにくという言葉を最近よく聞くようになったと思います。健康ブームに合わせて色々なメーカーから様々な製品が登場していますが、黒にんにくの高い効果に注目した企業が製品をこぞって出しています。黒にんにくとは通常のにんにくを成熟させることによって作られる加工食品です。そのために、ご自宅でも実は簡単に作ることが可能です。ここでは黒にんにくの作り方を簡単に紹介していきたいと思います。黒にんにくを作る方法はコンロを使った方法と炊飯器を使った方法を紹介させてもらいます。

コンロを使った黒にんにくの作り方>
1.皮付きのにんにくを用意する
丸ごとにんにくを使用するのでチップタイプなどではなく、そのままの状態のにんにくを用意しましょう
2.にんにくを丸ごと焼く
丸ごとのにんにくをアルミホイルで3重にくるみ、コンロでそのまま焼きます。その際に魚焼き用の網などがあると便利です。強火で15分ずつ表面と裏面をしっかりと焼きましょう。ただし焼き加減は好みによって異なるので調節してください
3.にんにくを蒸らして完成
合計30分の焼く作業が終了したら、コンロから降ろして余熱で蒸らします。アルミホイルを剥がして完成です。アルミホイルを剥がす際は余熱に注意をしてください

炊飯器を使った黒にんにくの作り方>
1.にんにくを炊飯器に入れる
用意したにんにくの皮をむきます。むき終わったにんにくを炊飯器に入れて保温のスイッチを入れます
2.約10日間待つ
スイッチを入れればそれで終了です。ただし、10日間は熟成に必要なので炊飯器が余っている方は本格的な黒にんにくを作りたい方向けの方法です。また、成熟の手助けをする納豆菌や乳酸菌を加えれば熟成が早くなります。黒く熟成されれば完成です

上記のように黒にんにくは非常に簡単に作ることができます。完成した黒にんにくは必ず冷蔵庫で保存をしてください。また消費期限は約半年になります。保存用のタッパなどに期限を貼っておくのがいいと思います。黒にんにくの食べ方ですが、そのままでも十分美味しく食べられます。通常のにんにくとは異なり、成熟した甘みがありプレーンなどに近い食感と味わいをもっています。調味料として使用しても美味しく食べることができると思います。
次は、国産と中国産にんにくの徹底比較をしてみたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!