にんにくの保存方法

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

にんにくの保存方法

せっかく購入したにんにくや自分で栽培したにんにくを使いきれずにダメにしてしまった経験はありませんか。比較的もちがいいので安心して放置しておいたら芽が生えたり、カビが生えてしまったり。誰にでも経験はあると思います。ここではにんにくの保存方法を「保存編」と「加工編」のふたつにわけて紹介していきたいと思います。せっかくのにんにくですから無駄なく全部使い切りたいですよね。ここから紹介する内容を是非とも実践してみてください。

保存編>
にんにくの特別な加工をせずに長期保存するための方法を紹介していきたいと思います。環境に作用されるものもあるので、基本的には保存を前提にするよりも使用を前提にした方がいいと思います。
1.通常保存
ネットなどに入れて風通しのいい場所に吊るしてください。この方法は古くから行われているものです。ただし風通しが悪い場合はカビが生えるので使用前にチェックをしてください
2.冷蔵保存
新聞紙に包んでから冷蔵庫に仕舞ってください。これによって鮮度を保つと同時に芽が生えるのを抑えることができます
3.冷凍保存
冷凍庫で保存すると、にんにくが多少水っぽくなってしまいます。ただし、香りや栄養素は落ちませんので安心してください。冷蔵庫での保存の場合は、皮をむいて1片ごとにラップに包むことを勧めます。解凍時に使いやすいからです。また、すりおろした状態での保存も使用目的が決まっていれば適した方法です。

加工編>
加工品にしてしまうことによって、長期保存を行う方法です。この方法もむかしから行われてきたものです。加工した方が使いやすい場合もあるので一度作ってみるのも面白いかもしれません。
1.にんにくの醤油漬け
皮をむいたにんにくを小瓶に入れて、あとは醤油を注ぐだけです。1ヶ月程度漬ければ完成です。簡単に美味しく頂けるオススメの方法です。そのままでもサラダに使っても美味しく頂けます
2.にんにく味噌
ミキサーですり潰したにんにくに赤味噌、砂糖、酒を加えて火にかけたものです。完成したものはタッパに入れて冷蔵庫で保存をしましょう。ごはんや酒のお供にどうぞ
3.ガーリックパウダー
スライスしたにんにくを天日干しにして、レンジで1分ほど。レンジでの乾燥を数回繰り返してカリカリになったスライスにんにくをフードプロセッサーにかけて完成です

他には熟成して黒にんにくとして保存する方法などもあり、上記で紹介した以外の保存法や調理法がたくさんあります。ご自分で色々と探してみたり、試してみたりするのもいいかもしれません。
次は、黒にんにくの作り方を説明していきたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!