熟成させることで、臭いが軽減

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

熟成させることで、臭いが軽減

成熟らせることによって得られる効果として「臭いの軽減」があります。にんにくの独特の臭いを嫌う方は意外と多いと思います。またその理由が「口臭」として残ってしまうからという意見の方が大半だと思います。臭い自体の好き嫌いよりも、口臭として残ってしまうためににんにくの使用を控えている方もいらっしゃると思います。そのために、にんにくの使用は時間や場所を選ぶものになっています。営業前やデート中などには控える方は多いはずです。最近では「にんにくを使用していない餃子」などが売りになるなどしていることから、にんにくの臭いに対する警戒感は非常に高いものと考えられます。この天敵である臭いは成熟させることによって何と軽減されるのです。どのようなメカニズムによって臭いが軽減されるのか、その仕組みは非常にシンプルです。そもそもにんにく独特の臭いをもたらしているのは「アリシン」という物質です。このアリシンは元々、にんにく内部に存在しているものではなく、にんにくを傷つけたり、加熱したりすることによって誕生します。生のにんにく自体に特別臭いがしないのはそのためです。にんにくを熟成させて黒にんにくにするとこのアリシンが生まれにくくなります。また、アリシンの代わりに「S-アリルシステイン」が誕生します。このS-アリルシステインは黒にんにくに熟成することによって生まれるもので、通常の生にんにくには含まれません。S-アリルシステインは非常に高い抗酸化作用を持っており、身体の老化現象を防ぎます。また、がん予防効果はもちろん、動脈硬化や心筋梗塞などへの高い効果も研究によって明らかになっています。黒にんにくにすることによって、臭いの元である「アリシン」が減少することはもちろん、「S-アリルシステイン」が生まれより高い健康効果が期待できるのです。まさに一石二鳥の効果といえます。
次は、成熟させることによってポリフェノールの量が増えることについて説明をしていきたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!