ポリフェノールの含量がUP!

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

ポリフェノールの含量がUP!

成熟させ黒にんにくにすることによって、ポリフェノールの含量が増加します。そもそもこの「ポリフェノール」とは一体、どのようなものなのかから説明をしていきたいと思います。ポリフェノールという言葉を有名にしたきっかけはフランス人の死亡率が関係しています。チーズやバター(動物性脂肪)を大量に摂取しているにも関わらず、心臓病や動脈硬化、脳梗塞が少ないことに着目しフランスで馴染み深い「ワイン」が関係しているのではないかというものが出発点です。研究が進むにつれてワインに含まれるポリフェノールが現代でも難病と言われる数々の病気に高い効果があることが発見されました。このポリフェノールは厳密に言えばワインではなくぶどうに含まれ、ぶどう以外ではりんごや生姜、そして黒にんにくに多く含まれています。ポリフェノールは非常に高い抗酸化作用を持っており、身体の老化を招く活性酸素に対して非常に有効です。活性酸素は怖い病気ではがんや動脈硬化、身近なものでは肌のしわやたるみを引き起こします。ポリフェノールは若返り効果のある成分なのです。このポリフェノールは成熟させ黒にんにくにすることによって大幅に含有量がアップします。ある研究では無臭にんにくと比較して黒にんにくの方が、約10倍ポリフェノール含有量が多いことがわかっています。同じ量を摂取するのならば通常のにんにくよりも黒にんにくの方が高い健康効果を期待できるのです。
次は成熟させることによって抗酸化力がアップすることについて説明をしていきたいと思います。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!