黒にんにくが開発されるまで

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

黒にんにくが開発されるまで

通常のにんにくを成熟させて作られる黒にんにく。その健康効果は通常のにんにくを上回り、独特の臭いも消えて非常に食べやすい食品です。近年の健康ブームもあり、非常に人気の高い健康食品となっています。この黒にんにくが開発されるまでには様々な過程が存在します。そもそも黒にんにくは近年になって生まれた製法です。黒にんにくの成熟方法には複数の種類(厳密言えば特許)が存在しており、元祖を決めるのは非常に難しいです。確かなことは、黒にんにくは新しいにんにくの可能性を引き出したものということです。過去にも黒にんにくに近いものがあったと思われますが、湿度や気温を管理して真っ黒になるまで成熟した黒にんにくは現在の技術と努力によって作られているのです。

黒にんにく開発の工程
1.生のにんにくを用意して下準備を行う
2.にんにくを約1週間蒸します。この作業の間は室内の気温と湿度は一定に保たれ、熟成作業が上手く行くように徹底的に管理されています
3.蒸が終わったにんにくは常温によって約1ヶ月間熟成されます
4.厳しい選定によって品質が管理され、選定に合格したものだけが製品となります

丁寧に作られた黒にんにくは通常のにんにくとは違い、非常に甘みのあるものです。砂糖などは一切使われていないのにスイカの糖度の3~4倍に達するといわれています。その味わいや食感はプルーンに近く果実のような味わいです。また、にんにく特有の臭いも成熟作業の中で消えるので口臭を気にせずに召し上がることができます。料理の調味料などに使うことはもちろん、そのままでも十分に食べることのできる黒にんにくはにんにくの新しいかたちといえます。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!