にんにくの由来

黒にんにくの徹底比較でわかる、くらべられる!

にんにくの由来

何気なく使用されているにんにくですが、その由来をご存知でしょうか。かつてはにんにくとは呼ばれておらず、「蒜(ひる)」、「大蒜(おおひる)」などと呼ばれていたそうです。蒜とは「ネギ」、「ノビル」などのユリ科アリウム属の植物を指しています。このアリウムというのはケルト語の「燃えるような」、「ヒリヒリして刺激がある」という意味です。生にんにくの持っている辛味や身体が熱くなるような感覚からぴったりだと思います。また、英語でにんにくはガーリックを呼びますが、これにも意味があります。Gerleakは「Ger」と「leak」の単語を組み合わせて作られました。「Ger」は槍、「leak」は辛味を指しています。槍という単語が使われている理由はにんにくの葉の形状が長く平たいために槍に似ているために付けられたと言われています。現在、日本で呼ばれている「にんにく」とはどのような由来があるのでしょうか。名称に関しては諸説あると言われていますが、有力な説は仏教用語からというものです。仏教用語には「忍辱(にんにく)」という言葉あり、侮辱や苦しみに耐え忍び心を動かさないということを意味しています。その修行は「忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)」と呼ばれています。「にんにく」、「ニラ」、「ネギ」、「らっきょう」、「ノビル」などの臭いの強い5種類の野菜を「五葷(ごぐん)」「五辛(ごしん)」と仏教では言い、これを食べると情欲・憤怒が増進する強情食品として、僧侶たちは食べることを禁じられていたそうです。五葷のひとつである「にんにく」を、僧侶たちが隠し忍んで食べたことから、「忍辱」の語を隠語として用い「にんにく」になったといわれています。身体に良いにんにくを食べてはいけない理由としては精力がつき過ぎて、煩悩に捉われてしまうからという理由だったようです。これらの仏教上の理由から日本国内でにんにくがあまり食べられなかったとも言われています。

最旬ランキングはこちらから!!

最旬ランキングはこちらから!!